eワラントとは 資産運用の方法|初心者でも確実に殖やす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

eワラントとは

様々な投資法が新聞や雑誌の紙面を賑わすようになりましたが、ワラントなどもその一例でしょう。
そこで、eワラントに関するさまざまな情報を提供していきたいと思います。
eワラントって聞きなれない言葉だと思いますので、まずは仕組みなどを簡単に説明していきたいと思います。
そして、更に具体的な取引方法や儲け方といった情報なども、提供していければと思います。
少しでも投資に興味のある方は、eワラントなどについてもしっかり把握し、今後の資産運用に役立てていただければと思います。
さて、eワラントとは一体何でしょうか?
 
eワラントとはゴールドマン・サックス証券から発行されている、カバードワラント(債権)の一種のことです。
ちょっと乱暴ですが、eワラントについてものすごく簡単にいってしまえば、「既製品のオプション」ということになります。
しかし、eワラントはオプションであるにも関わらず、FXのようにレバレッジをきかせて投資できる上、しかも値動きが株式や為替レートよりも大きいため、資金効率の高い投資ができるという魅力があります。
言い換えれば、それだけ大きな損失が出る可能性もあるといえますが、eワラントの場合は「損失が投資元本に限定される」というメリットがあります。
とはいえ、eワラントはハイリスクハイリターンな投資法であることに変わりは無いでしょう。
ところで、eワラントの投資対象は非常に幅広いく、日本国内で資産運用するには投資対象となりにくい商品もあります。
また、一般的にeワラントにはコール型とプット型の2つのタイプが存在し、参照原資産価格が上がればコール型eワラントの価格が上がり、参照原資産価格が下がるとプット型eワラントの価格が上がるという仕組みになっています。
このことから、eワラントは上げ相場だろうが下げ相場だろうが儲けるチャンスがある投資法とも、いえるかもしれませんね。
eワラントの場合、数万円程度の金額からでも取引を開始できるので、FXと同様に手軽に始められるといえるでしょう。
注意する点としては、eワラントには満期があることです。
特別なケースを除いて、満期の前日までは自由に取引できるのですが、満期日が来てしまうと自動的に現金で決済(償還)されてしまうのです。
さて、eワラントの実際の取引時間ですが、原則として平日の9時から23時50分の間にオンラインでリアルタイム取引が行われています。
もし、eワラントを取引してみたいとお考えなら、まずは証券会社などに取引口座を開設する必要があります。
また、eワラントの姉妹商品として、トラッカーeワラントやニアピンeワラントがありますが、これらもオンライン取引が可能です。
いずれにしても、まずは口座を開設したい証券会社を決めるところからはじめる必要がありますね。
ここまで読んできて、eワラントに対して「ちょっと取っ付き難い」印象を持たれるかもしれませんが、実際に始めてみるとそうでもありません。
また、口座開設したからといって、いきなりオンライン取引を始めなければならないということもありません。
オンライントレードのシステムを色々いじりながら、どんな取引方法があるのか、どんなシグナルがあるのか、といったことを確認してみながら、システム操作に慣れるところから初めてみるのも良い方法でしょう。
2009/04/13(月)  | ワラント

| 資産運用の方法|初心者でも確実に殖やす■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。