ワラント債 資産運用の方法|初心者でも確実に殖やす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

ワラント債

ワラント債と聞いてピンと来る人は、かなり投資などに精通していると方と言えるでしょう。
最近は新聞や雑誌でも取り上げられるようになったことから、言葉くらいは目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、ワラント債について簡単に説明していきたいと思いますので、今後の投資や資産運用のヒントにしていただければと思います。
まずは、ワラント債そのものについてです。
ワラント債とは社債の一種で、「新株予約権(これをワラントを言います)が付いた社債」のことを、特別にこう表現します。
 
社債には、このほかにも普通社債というものもありますが、ワラント債と普通社債との大きな違いは、「社債部分の他に、社債を発行した会社の株式を決められた一定価格で買い取る権利が付いている」、ことだと認識していれば間違い無いでしょう。
さて、このワラント債は、「分離型ワラント債」と「非分離型ワラント債」の二種類に大きく分けることができます。
分離型ワラント債と非分離型ワラント債の違いを簡単に説明すると、「社債部分と新株予約権(ワラント)を分けられるか分けられないか」が、特徴的とも言える大きな違いとなります。
これまで一般市場では、分離型ワラント債の方が社債部分とワラントを別々に販売できて便利なためか、分離型ワラント債が流通量のほとんどを占めています。
これは、2002年の商法改正によって、非分離型ワラント債のみが新株予約権付社債と規定されてしったことに起因しているのですが、この法改正によって「分離型ワラント債は新株予約権付社債の規定から外される」ことになったのです。
一般にワラント債は、他の社債と比べるとハイリスクハイリターンだとされています。
それは、ワラント債を持っていれば株式を行使価格(予め定められた価格)で買うことはできるのですが、株価が規定の行使価格より下がってしまった場合には、元本を取り戻せないかもしれないというリスクがあるためなのです。
また、ワラントには行使期間が決めてあり、「その期間を過ぎるとワラントは無くなってしまう」ことも、理由のひとつとして挙げられます。
このように、少ない資金でも株式を購入できるのがワラント債の最大の魅力なのですが、その分リスクも大きいと言えるかもしれません。
当然ですがワラントを行使する場合は、株券を購入するための資金が別途必要になります。
また、社債部分は手元に残ることになりますが、ワラント債を発行した会社の株価が値上がりしている時にワラントを行使すれば、市場価格よりも低い価格で株式を買えるので利益が出るという仕組みです。
2009/04/15(水)  | ワラント

| 資産運用の方法|初心者でも確実に殖やす■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。