ワラント初心者の勉強法 資産運用の方法|初心者でも確実に殖やす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/--(--)  | スポンサー広告

ワラント初心者の勉強法

最近では、様々な種類のワラントが売買できるようになってきたので、投資や資産運用の対象として検討している方も多いと思います。
しかし、全くノーリスクというわけにではありませんので、それなりの知識も身につけておく必要があるのは当然でしょう。
ところで、ワラント初心者の場合は、はじめに何から学ぶと良いのでしょうか。
まず、何はともあれ実践が一番勉強になるのは、何事でも変わりありませんので、ワラント初心者の場合も小額の取引から始めてみると良いかもしれません。
その場合は、もし運用に失敗して無くなってしまっても惜しくないくらいの少額取引から始めるようにし、その経験からワラント投資と株式投資の違いを学びとるようにするのです。
ところで、ワラントは株価や為替と比べて値動きがとても激しい商品で、一日で半分になってしまうこともあるのです。
 
また、株取引と大きく異なる点として、ワラントには満期日といわれる「売買の期限」があります。
ワラント初心者のうちは、この満期日をうっかり忘れてしまいがちななのですが、この期日を過ぎるとワラントは無価値になってしまうので、最大限の注意を払う必要があるでしょう。
このことから、一般的にはワラントの満期日が近づくと、たとえ会社の株価自体が変わらなくても、ワラントの価格は下がることが多いようです。
そして、満期日がきてしまうと、そのワラントは強制的に決済されてしまうことになりますので、意識的に早め早めに損切りを行う必要があります。
つまり、株式売買のように「塩漬け投資ができない」ということになります。
ワラント初心者とはいえ、ワラントを買う前に銘柄によるスプレッドの違いを確認するのは当たり前ですが、そのほかにもプレミアム、デルタ、ギアリングなどのワラント用語は、必要最低限の知識として学んでおくようにしましょう。
従って、はじめに実践が一番勉強になるとはいいましたが、ワラントの価格表すら理解できないうちに、ワラント初心者が実際にワラントを購入するのは控えた方が良いとは思います。
また、ワラントにもいろいろと種類があるので、自分の投資目的や自己資金に合ったワラントを選ぶことも大切ですね。
ワラントを取り扱っている証券会社によっては手数料や取引時間などが微妙に違うこともありますから、取引口座を開く前に資料を取り寄せて良く比較検討する必要があります。
このようにワラント初心者にとっては、学ぶことが多くて大変だと思います。
しかし、ハイリスクハイリターンであるが故にギャンブル性のある方法を好む人には、たまらない投資法になるかもしれません。
さて、いよいよ実践というときには、なるべく値動きの大きな銘柄を選んでワラント投資を楽しむのも、ひとつの投資スタイルといえるでしょう。
2009/04/20(月)  | ワラント

| 資産運用の方法|初心者でも確実に殖やす■TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。